News

【YouTubeヤバい】BAD HOPコンサート中止→YouTubeライブ配信、なぜ可能?

ステージのイメージ

BAD HOP が2020年3月1日、横浜アリーナで予定されていたコンサートを中止し、YouTubeライブ配信に切り替えて話題になりました。

膨大なチケット代による全収入がゼロになり、しかもYouTubeは無料で見られるメディアです。

一見無謀に見えるこの方法、ビジネスの面ではどうなっているのでしょうか?

この記事では、現在の日本の状況に置けるYouTubeの価値と、ビジネスの考え方を紹介します。

コンサートを中止にすると収入はゼロ

現在猛威を振るう新型コロナウイルス対策で、政府からは全国に公演自粛要請が出ています。

それを受けてのBAD HOPコンサート中止は苦渋の判断だったでしょう。

観客の安全第一、素晴らしい心を感じます。

ですが、このままではチケット収入はゼロ円です。何億という経費をそのまま赤字にしても良いのでしょうか?

ファンのために、をビジネスの観点から見る

「ファンのために出来る事」を、それだけにとどめない

ファンの皆さんは生でBAD HOPの姿を見たかったでしょう、そしてその音に触れたかったはずです。

それをどうにか叶えたい、そういう想いでBAD HOPはYouTube配信を決めたのでしょう。

YouTubeというのはネットに繋げば誰でも見ることが出来る、簡単なツールです。

ファンの皆さんが容易にたどり着けるメディアだからこそ、万単位の方々に一瞬で周知できたとも言えます。

そして、ビジネスをやる上で必ず考えなければならないのがここから。

「絶対に2つ3つ以上の効果をもたらすこと」

ファンの皆さんを満足させるのは一つ目です。

それ以外に2つも3つも、ビジネス的な何かを得ることがさらなる成功に必要になります。

あなたはこのコンサートライブ配信で、何が余分に得られていると思いますか?

ビジネスで得をするには

ここでは何点かわかりやすい部分を紹介します。

なお、今回例に出させていただいたBAD HOPのメンバーがこのビジネスの部分を企画するのではなく、あくまでも彼らをアーティストとして世に出し続け支える、裏方のビジネスマン達がこのビジネス部分を考えています。

アーティストはアーティストとして世界に魅せるべき部分を全うしておりますので、表の世界と支える世界をひとくくりに考えないようお願いします。

広告宣伝効果

このライブ配信の話題を発表することで、メディアが動きます。

そして「宣伝費を払わなくても」どんどん宣伝してくれます。
(ここで記事になっているのもその一つです)

これにより今までBAD HOPを知らなかった方が知ることになります。

そして本来のコンサートに来場する以外の方もYouTubeライブ配信を見に来ます。
(実際に横浜アリーナより多い3万人以上が見ていました)

さらにYouTubeのBAD HOPチャンネルの他の動画も見るでしょう。

これだけで認知・ファンの拡大に膨大な効果をもたらします。

お金を払う意味を変える

コンサートチケットを買うのは「コンサートを見たい」という事への純粋な対価です。

ですが、今回チケットは払い戻しとなりました。

代わり…とまでは行きませんが、投げ銭システムとクラウドファンディングを用意しています。

これは見る人にとって必須ではありません。自主的に払いたい金額を払います。

このような場合、みなさんはどんな気持ちでお金を出すでしょうか?

「応援」「一緒に何かしたい」そんな気持ちではありませんか?

そう、今この瞬間に、コンサートライブ配信に伴う一般からの金銭は、完全な「支援」に変わりました。

価値をどんどん上げる

支援はとても能動的で、その行動そのものが払った人への対価になってしまう事が多いです。

ですのでBAD HOPが感謝すればするほど、何かを返せば返すほど、支援者には「対価以上の価値」が入るのです。

きっと今回で新しいファン、そしてより濃いファンも増えることでしょう。

今がYouTubeへの注目が集まる時

ただでさえ家から外に出られない今、YouTubeに来る人は増えます。

それ以上に、こう言う素晴らしいコンテンツが参入するため、YouTubeを見ようと思う人はさらに増えるでしょう。

YouTubeを見る時間が増え見る人も増えるものすごいビジネスチャンスです!

YouTube動画を発信している方々は、今こそ良いコンテンツをたくさん発信し、たくさんの方に見てもらえるチャンスを獲得してください。

そして集客のための導線も、しっかりと繋ぎましょう。

まとめ

どんなピンチでもビジネスチャンスだと思う姿勢はとても大切です。

そしてユーザを味方につけるビジネスなら、少ないリストで収益が上がります。

いつでも前向きに物事を見てみましょう!

最後になりますが、BAD HOPのライブ配信、細部まで素晴らしい演出でした。

ビジネス的にもとても参考になります。