アプリやサービス

【スマホ】YouTubeにmp3を簡単にアップロードする方法/音声や自作曲をすぐに発信

青空の下でギターを弾く男女

YouTube自作曲歌ってみた朗読アップロードしたい、と思ったことはありませんか?

「動画を撮るのは面倒だけど、音声なら簡単

顔出しをしないでYouTubeに自分を出演させてみたい」

そんな時にはスマホ音だけ録って、YouTube公開しましょう。

この記事ではmp3などの音声ファイルYouTubeにアップロードする方法をご紹介します。

YouTubeにmp3を直接アップロードできる?

実はYouTubeには、mp3などの音声ファイルを直接アップロードする機能がありません。

YouTubeはあくまでも動画メディアですので、アップロードするファイルは動画形式でないと対応していないのです。

ですが、YouTubemp3をアップロードできないかと言うと、決してそんなことはありません。

mp3を、動画に変換してしまえばいいのです!

スマホでYouTubeにmp3をアップロードしよう

mp3動画に変換しないとYouTubeにアップロードできない事はわかりました。

ではどうやって動画に変換したら良いでしょうか?

こんな時は音声を動画に変換するアプリを利用するのが一番です。

動画変換アプリは面倒?

無料の動画変換アプリ自体はいろいろありますが、便利に編集ができる反面、動画になるまでの行程が難しく、正直面倒です。

そして「なんでもいい!とにかくこの音が動画になればいい!」という方も多いですね。

そこで数あるアプリの中から今回は「最短動画変換できるアプリと、その使い方を紹介します。

めちゃくちゃ早い解決法はこれ!【スマホ】

iPhoneAndroidでは動画変換アプリ「ShurePlus MOTIV」を利用します。

驚くほど早く動画が出来上がりますので、早速使ってみましょう。

この説明はiPhone用です

  1. iPhoneの「ボイスメモ」で音声を作成した場合のやり方をご紹介します
  2. ShurePlus MOTIV」をインストールします
    ShurePlus MOTIV
    ShurePlus MOTIV
    開発元:Shure
    無料
    posted withアプリーチ

    0102-「ShurePlus MOTIV」をインストールします
    ※今回の手順では、「ShurePlus MOTIV」を起動する必要はありません

  3. ボイスメモ」を開き、動画に変換したい音声をタップします
    0103-動画に変換したい音声をタップ
  4. の「」をタップします
    0104-左の「…」をタップ
  5. 共有」をタップします
    0105-「共有」をタップ
  6. 上のアイコン右端にある「その他」をタップします
    0106-右端にある「その他」をタップ
  7. 出てきた一覧の中から「MOTIV  Audioにコピー」をタップします
    0107-「MOTIV Audioにコピー」をタップ
  8. すると、自動的に「ShurePlus MOTIV」が立ち上がるので、右下の「」をタップします
    ※録音画面が出ている場合は、右下の「波形マーク」をタップしてください
    0108-右下の「…」をタップ
  9. メニューから「共有」をタップします
    0109-「共有」をタップ
  10. 次に出たメニューから「カメラロールへの保存」をタップします
    0110-「カメラロールへの保存」をタップ
  11. 動画にした際に画面に映る静止画を選びます
    ライブラリから選択」をタップして好きな画像を選びましょう
    0111-「ライブラリから選択」をタップ
    ※「MOTIV」はアプリが用意している画像で、「画像なし」は真っ黒な画面です。これらを選択しても大丈夫です

  12. 画像を選ぶとすぐに動画保存が開始されます
    0112-01-動画保存が開始されます

    ※「カメラロールへの保存完了」と出るまでアプリを終了したり切り替えたりしないでください
    0112-02-「カメラロールへの保存完了」と出るまでアプリを終了したり切り替えたりしない

これで音声が動画に変換されます。

あとはYouTubeにアップロードすれば完了です。

「ShurePlus MOTIV」で録音する方法

  1. ShurePlus MOTIV」でも音声を録音できます
    マイクのマーク」をタップして録音画面に移動し、「」(赤丸)をタップして録音します
    0201-「●」(赤丸)をタップ
  2. 」のマークをタップして録音を止めます
    0202-「Ⅱ」のマークをタップ
  3. 」のマークをタップします
    0203-「✓」のマークをタップ
    ※ここでさらに「」を押すと、続きとして録音ができます

  4. 音声の名前を入力して「保存」をタップし、最後に右下の「波形マーク」をタップします
    0204-名前を入力し、「保存」をタップ
  5. 保存した音声が確認できます
    0205-音声が確認できます
    動画に変換したい音声を選択している状態(画像では明るい背景の状態)なら、上の❽と同じように右下の「」から動画変換ができます

まとめ

これは本当に一瞬で音声が動画になりますね。

画像や映像部分で凝る必要がなければ、これで十分動画を配信できます。

ぜひ配信のスピードアップにお役立てください。

そしてPCでも音声を動画にするやり方も、別の記事でご紹介します。