YouTubeの使い方

【2020保存版】スマホでYouTubeの広告を消す!ブロック設定や裏技を一気に紹介【iPhone/Android】

YouTube広告を非表示にする

YouTubeを見ていると最初や途中に出てくるCMうんざりしていませんか?

スキップする5秒を待つのも面倒くさいあなたに、邪魔な広告をきれいさっぱり消す方法があります!

この記事では、スマホYouTube広告を消す方法を紹介します。

YouTubeの広告の種類

YouTube広告にはいろいろな種類があるのですが、スマホPCでも異なります。
スマホではどんな種類があるのでしょうか?

スマホの動画再生画面

5秒でスキップができる動画広告」
~15秒ほどのスキップできない動画広告」

動画以外のスマホ画面では

「動画の直下バナー
ホーム画面一番上
ホーム画面の動画一覧に紛れている」
検索結果一番上

結構いろいろありますね。

YouTubeでは、さまざまな場面で広告スムーズに見てもらえるよう、サイズ形式の違う広告タイプを多く採用しています。

※広告例1
広告の種類1
※広告例2
広告の種類2

なぜ広告が出るの?

YouTube世界中の方が楽しむシステム・アプリですから、運営費用は莫大です。

そしてYouTubeをより楽しいサービスにしてくれているYouTuber(ユーチューバー)の存在も忘れてはいけません。

YouTube広告を収入源としているYouTuberは、広告が表示されず収入がなくなると、配信動画の質が下がってしまう可能性もあるのです。

広告はYouTubeを支える多くの方々を、それを楽しむ視聴者が支えるシステム、と言えますね。

【スマホ】YouTubeの広告を消す方法

スマホではYouTubeの広告を消す方法が3つあります。

それぞれ詳しく紹介します。

確実に消すならYouTubeで設定

YouTubeは無料のサービスですが、「YouTube Premium(プレミアム)」という有料サービスの開始により利用の幅が広がりました

広告なし!
ダウンロード可能!
バックグラウンド再生可能! …etc.

今まで無かった機能サービスがついた「YouTube Premium」は月額1,180円〜です。

まずは無料お試ししてみてはいかがでしょうか。

なお、スマホから登録すると割高になりますのでお得な方法をご案内します。

なぜかこれだけで広告が減る裏技

今までYouTubeアプリを使っていたなら、「Chrome」でYouTubeを見てみましょう。

特にiPhoneでは再生画面以外広告激減しているはずです。

ブロックアプリを使う

スマホなら広告ブロックするアプリAdBlock Plus(アドブロックプラス)」でYouTubeを見る際に広告を非表示にできます。

【iPhone】用のアプリの設定方法

iPhoneの場合は「Adblock Plus for Safari (ABP)」を使用します。

  1. Adblock Plus for Safari (ABP)」をインストールします

    0101-「Adblock Plus for Safari (ABP)」をインストールします

  2. 次にiPhoneの「設定」アプリを開きます
  3. 設定アプリの中で、少し下にある「Safari」を選択します
  4. 次に「コンテンツブロッカー」を選択します
  5. Adblock Plus」をオンにします
    0105-「Adblock Plus」をオンにします
  6. SafariからYouTubeを開くと、広告がかなり非表示になっています
    ※「Adblock Plus for Safari (ABP)」はインストール後に開く必要はありません

【Android】用のアプリ

Android2種類組み合わせが必要です。
ちょっと…最新のアップデートが不評なようですので、お試し程度にどうぞ

  1. Adblockブラウザー」をインストールします
  2. 次に「豆腐フィルタ」を入れます

YouTubeで「嫌いな広告」だけを消す方法【スマホ】

YouTubeの広告は「」や「」を押すことで非表示にできるものがありますが、見たくないと思っている広告が何度も何度も出てくるのは避けたいですよね。

そんな時には「広告のカスタマイズ」機能を使いましょう。

  1. Googleの「広告のカスタマイズ」を開きます

    アカウントを選ぶ画面が出た時は、広告管理をしたいアカウントを選択、もしくは「別のアカウントを使用」をタップしてログインしてください
    0101-01-アカウントを選ぶ画面が出た時

    ログインするときは以下のような画面になります
    0101-02-ログインするときは
          ⬇︎

    0101-03-ログインするときは

  2. 広告のカスタマイズ」をオンにします
    0102-01-カスタマイズをオンにします
          ⬇︎ 

    0102-02-カスタマイズをオンにします
          ⬇︎ 

    0102-03-カスタマイズをオンにします
          ⬇︎ 

    0102-04-カスタマイズをオンにします
    ※画面右上にあるアカウントマーク広告管理をしたいアカウントでは無い場合は、アカウントマークをタップしてアカウントを切り替えてください

  3. YouTubeで見たくない広告があったら、非表示にします
    0303-01-非表示にします
          ⬇︎ 

    0303-02-非表示にします
          ⬇︎

    0303-03-非表示にします
          ⬇︎ 

    ※アンケートは答えずに「閉じる」をタップしても大丈夫です。
    0303-04-非表示にします

    ※非表示にできない広告はこんな説明が出ます
    0303-05-非表示にします
          ⬇︎
    ※非表示にはできませんが、「Google 広告を管理」をタップすると、❶の画面に繋がります
    0303-06-非表示にします
    (こんな表示もあります)
    0303-07-非表示にします

    ※広告カスタマイズが無効になっていると、こんな説明が出ます
    広告設定」をタップすると、❶の画面に繋がります
    0303-08-非表示にします

広告のカスタマイズ」をオンにしてから、設定が稼働するまでに多少時間がかかります
非表示にしたものは今後表示されなくなりますが、確実ではない場合があるようです。

※「広告のカスタマイズ」のところでオフにした広告の一覧を確認できます
※動画再生画面に入る広告動画をはじめ、手動で非表示にできない広告があります

YouTubeが有料になる?

広告が表示されないと、YouTubeのすべてが有料サービスになってしまうかもしれません。

無料で利用できるYouTubeのようなサービスは、収入源である広告が出せないと運営ができなくなってしまいます

安易広告をブロックする行為は、将来的に自分たちの楽しみを奪う結果になる可能性を秘めていることを忘れないでください。

まとめ

スマホでYouTubeの広告を非表示にする方法、かなりいろいろ試せますね。

狭い画面で見ているスマホだからこそ、広告は邪魔にならない位置にほしいものです。

とはいえ、広告はトレンドを押さえていたり最新の技術が入っていたりします。

クリエイターの方はぜひ、新しい発想を得る場所としても広告はチェックすることをおすすめします。