YouTubeの使い方

YouTube動画を公開制限!「限定公開」と「非公開」の違いは?アップロードする時の設定方法

スマホで動画共有

アップロードした動画をみんなに見せるだけでなく、自分だけで見られるようにしたり、家族や仕事仲間だけに見せられるといいですよね。YouTubeにはそんな希望にあう、公開範囲が変えられる「プライバシー設定」があります。

この記事ではYouTube動画の「プライバシー設定」の種類と設定方法をご紹介します。

特に、YouTube Studioになって設定画面も変わりましたので、新しい画面の操作方法をご確認ください。

YouTube動画のプライバシー設定ってなに?

YouTubeではアップロード動画に3つの公開範囲を設定することができます。

プライバシー設定の種類

公開

YouTube動画の公開マーク「公開」に設定した動画は誰でも見ることができます。自分のチャンネルにも表示され、YouTubeの検索結果でも表示されます。

限定公開

YouTube動画の限定公開マーク「限定公開」に設定した動画は、動画のURLを知っていると見ることができます。チャンネルには表示されません。ただし、動画が公開再生リストに追加された時のみ、YouTubeの検索結果に表示されます。

非公開

YouTube動画の非公開マーク「非公開」に設定した動画は、自分と自分が許可した人だけ見ることができます。自分のチャネルやYouTubeの検索結果には表示されません。

こんな時にはどのプライバシー設定がいい?

YouTube動画のプライバシー設定を何にしたら良いか、具体的な例でご紹介します。

みんなに見せたい、見つけて欲しい!

みんなに見て欲しい時は「公開」設定にしましょう。公開設定は一番使われている設定で、誰でも見ることができます。

一部の人に見て欲しい

家族や友達、仕事の仲間だけに動画を見て欲しい時は「限定公開」設定がおすすめです。見て欲しい相手にに動画のURLを教えてあげましょう。

自分だけが見られるようにしたい

アップロードしたらどんな見栄えになるか自分だけで確認したい時は「非公開」設定にしましょう。

実際には自分だけでなく、家族や仕事の仲間など、見て欲しい人を指定して見られるようにもできます。限定公開と異なり、URLを知っていても許可されていない人は見れないので安心です。

YouTube動画のプライバシー設定方法

PCの場合

YouTube Studioになって設定画面が変わりました。新しい画面での設定方法は以下の通りです。

アップロード時

以前はアップロードファイルを選ぶ前に公開範囲の設定ができましたが、今はアップロードしている画面での「3」ステップ目のところで設定できます。

PCで動画をアップする時に公開設定を変更する

後から変更する方法

アップロード後に公開範囲を変更する場合は、編集画面から操作します。

PCで動画をアップした後に公開設定を変更する1





PCで動画をアップした後に公開設定を変更する2

こんな感じで選択して、最後に「保存」を押してください。

スマホの場合

スマホも手順はPCと似ています。

アップロード時

スマホでは、アップロードする動画を選択してから公開範囲を設定します。「プライバシー」の下を押してください。

スマホで動画をアップする時に公開設定を変更する

スマホ-公開設定一覧

後から変更する方法

アップロード後は、動画の編集画面から変更できます。アップロード時とほとんど画面は変わりませんね。

まとめ

YouTube動画の公開範囲の違いを理解できると、利用できる幅が広がりますね。

プライバシー設定で閲覧制限を付けるとどう変わるか、ぜひ試してみてください。