YouTubeの使い方

【寝落ち対策/子供の見過ぎ防止】YouTubeにスリープタイマーを設定する方法(iPhone/Android)

動画を見ていて寝落ち

夜、寝る前にYouTubeを使っていたり、お子さんが毎日YouTubeを見入ってしまっていませんか?

「寝落ちしてスマホの充電が切れてしまった」

「子供が長時間見てしまい、宿題ができない、目が悪くならないか心配」

この記事ではこんな悩みを解決し、安心してYouTubeを楽しめる方法を紹介します。

YouTubeのスリープタイマー機能

YouTubeにはスリープタイマーが付いていない

寝落ちや見過ぎ防止のためには、YouTubeにスリープタイマー機能が付いていれば良いのですが、残念ながらYouTubeにはタイマーがありません。

ですが、他のアプリを利用する事でスリープタイマーを設定する事ができますので、寝落ちや見過ぎ対策が可能になります。

[jin_icon_info color=”#c4302b” size=”18px”] YouTube Kidsアプリにはタイマー機能が付いています

YouTubeにスリープタイマーを設定する方法(スマホ)

今回はYouTubeに対応するスリープタイマーアプリを紹介します。簡単に使えるものばかりですので、ぜひ活用してみてください。

【iPhone】YouTubeスリープタイマー設定方

ダウンロード不要!時計アプリでタイマー設定

iPhoneでYouTubeにスリープタイマーを設定する場合、最初から入っている「時計」アプリを使用すれば大丈夫です。

さっそく、時計アプリでスリープタイマー設定をしてみましょう。

作業手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面にある「時計」をタップします
  2. 画面右下の「タイマー」をタップします
  3. 画面下の方の「タイマー終了時」をタップします
  4. 画面をスクロールして「再生停止」にチェックを入れます
  5. 画面右上の「設定」をタップします
  6. スリープさせたい時間を設定します
  7. 緑色ボタンの「開始」をタップします

❶「時計」アプリをタップ
1-時計アプリ

❷「タイマー」をタップ
2-タイマーを選択

❸「タイマー終了時」をタップ
3-タイマー終了時をタップ

❹「再生停止」にチェックを入れ、❺「設定」をタップ
4-5-再生停止をタップして設定タップ

❻ スリープさせたい時間を設定し、❼「開始」をタップ
6-7-時間を決めて開始ボタンタップ

あとはこのままYouTubeを楽しんでください。

時間が来たら自動的に再生が止まり、iPhoneがロックされます。

【Android】YouTubeスリープタイマー設定方法

アプリ導入で簡単タイマー設定

Androidの場合、アプリを導入することでスリープタイマーを設定できます。

今回は2種類のアプリをご紹介します。

Super Simple Sleep Timer

「Super Simple Sleep Timer」は、先にタイマーを設定し、次にYouTubeアプリを開く事でタイマーセットが完了します。

  1. 「Super Simple Sleep Timer」をインストールします
  1. アプリを開いて時間を入力します
  2. 画面下の方の「SET SLEEP TIMER」をタップします
  3. YouTubeアプリを開いて好きな動画を見てください

これだけで、設定した時間になると動画が自動停止します。

スリープタイマー(Sleep Timer)

「スリープタイマー(Sleep Timer)」は、万能型タイマーです。

スリープさせたいアプリを選んでタイマーをかけられますので、YouTubeだけでなく音楽アプリなどにも使用可能です。

  1. 「スリープタイマー(Sleep Timer)」をインストールします
  2. アプリを開いて、画面右上にある縦3つの点をタップします
  3. 「設定」ををタップします
  4. 「スタート時に起動するプレイヤー」をタップします
  5. YouTubeを選択します
  6. 左上の「←」をタップします
  7. YouTubeをスリープさせたい時間を設定します
  8. 「スタート&プレイヤー」をタップします

これで、自動的にYouTubeアプリが起動しますので、好きな動画を楽しんでください。

タイマーセットした時間になるとYouTubeの動画が自動的に再生停止します。

まとめ

YouTubeを見たまま寝落ちして、朝にはスマホの充電がなくなっていたり、うっかりしていてお子さんが何時間もYouTubeを見ていた、なんて悩みもこれで解決です。

スリープタイマー機能を活用して、YouTubeをさらに楽しんでください。